尼崎プラザホテル

スタッフブログ

西国33カ所巡礼記⑫

スタッフブログ|2017.05.17 UP


 第12番札所 岩間山正法寺(岩間寺)

   宗派:真言宗醍醐派 本尊:千手観世音菩薩

   開祖:泰澄大師 創建:養老6年(722年)

    元正天皇の病気平癒祈願を成満した泰澄大師は、勅を受け霊地を    求め岩間山を訪れた際、桂の大樹より千手陀羅尼を感得し、その木で等身の千手観音像を刻み、元正天皇の御念持仏を胎内に納め祀ったのが始まりとされる。       本尊は厄除け、雷除けの伝説が残っており、さらに境内の鐘楼前には、 ぼけ封じ観音もおられ、霊験あらたかな寺として知られる。              本堂の横には、芭蕉が「古池や蛙飛び込む水のおと」を詠んだと伝えられている”芭蕉の池”が残っている。

 

    大阪市内からは、名神高速大山崎JCTから京滋バイパス石山IC   し右折、石山寺3丁目西交差点を右折、県道106号を直進。石山町から町道へ。岩間寺の看板に従って走行して下さい。カーブが続く山道故、対向車とスピードには十分注意して下さい。尚、付近には飲食店はありませんのでご注意を。大阪市内からは、約100分位です。 


当ホームページからの予約が最もお得です当ホームページからの予約が最もお得です